場所によっては購入できる場所が少ない

通販ショップで入手できるが送料がかかる

電子タバコは徐々に普及しはじめています。しかし、通常のタバコのようにどこに行っても購入できるわけではありません。どうやって電子タバコを入手するかというと、一番簡単なのはネット通販を利用することです。ネット通販であれば、家の中にいても欲しいリキッドや電子タバコの本体を選んで購入できます。しかし送料がかかってしまい、吸いたい時にすぐ手に入らないというデメリットがあります。通販だと大抵2~3日かかるので、手元に届くころには吸いたい気分じゃなかった、というケースもありがちです。特に禁煙中の人は、常に電子タバコをきらさないようにしなければなりません。日本でも電子タバコの存在が認知されはじめ、少しずつ浸透してきてはいますが、未だに通常のタバコが主流のようです。

正しく取り扱っている店を探すのが難しい

電子タバコはネット通販で購入することができますが、品質の良いものを探すのは意外と難しいです。安全性の高い電子タバコを販売している店かどうか、きちんとチェックしましょう。安全検査をクリアしているか、リキッドに原産国証明書が付いているか、説明書が付属されているかなど、細かな部分まで確認してから購入しましょう。ただデザインが良いから、味が美味しそうだから、といった理由で安直に購入すると品質の悪い電子タバコを吸ってしまい、体に害が出る可能性があります。このように、安全性を考えて購入しようとすると中々難しく、購入できる店も限定されていきます。やはり通常のタバコより普及されていないので、安心して購入できる場所は少ないです。