コストパフォーマンスがいい

初期投資以外の高額な出費が無いのが利点

電子タバコは従来の紙巻きタバコと比べ、出費を低く抑えられる利点があります。タバコの風味を含んだ成分を封入させているカートリッジを過熱させるための電熱器は高額な物が多いですが、それ以外の大きな出費はありません。カートリッジ単品の価格も紙巻きタバコの数箱程度と同じですが、使用できる回数と紙巻きタバコの本数を比較すると電子タバコの方に軍配が上がります。また、電子タバコの中にはリキッド液を注入して使う物もあり、このタイプの電子タバコはさらにコストパフォーマンスが良いのが利点です。高額な電熱器も頻繁に使う物なので、価格と使用回数を照らし合わせれば紙巻きタバコを吸い続ける方が大きな出費になってしまいます。

質の良い風味を長く楽しめるのが魅力

電子タバコの大きな利点として、風味を損なわないことが挙げられます。紙巻きタバコは日光や空気中の湿気で劣化が進み、タバコ特有の風味が著しく損なわれます。そのため、開封したらできるだけ早く吸わないといけません。その点、電子タバコはカートリッジが封入式なので、使いかけの状態で放置しても品質は落ちないのが普通です。また、カートリッジは自由に着脱ができるので、使いかけの製品を外して別の製品に付け替える楽しみ方もあります。電熱器にリキッド液を注入するタイプの電子タバコは風味を途中で変えることはできませんが、日数が経過しても風味がほとんど損なわれないのはカートリッジ式と同じです。出費が少なく、良質な状態を長く維持できるのが電子タバコならではの魅力です。