今、紙巻きタバコを吸っている人のなかには電子タバコに興味がある方もいるかもしれません。そこで、ここでは電子タバコのメリットとデメリットについてご紹介します。紙巻きタバコから電子タバコに切り替えようとしている方の参考になればと思います。

電子タバコのメリット

紙巻きタバコから電子タバコに切り替えようと思っている方であれば、電子タバコのメリットが気になるかと思います。ここでは、電子タバコのメリットについていくつかご紹介します。電子タバコを購入する際の参考になれば幸いです。

楽しく禁煙成功?電子タバコの魅力

電子タバコは様々な種類があり、ガジェット好きやコレクター気質の人は夢中になってしまうほど。フレーバーの種類も多く、趣味を楽しむように禁煙に成功したケースも少なくありません。

家族がいても大丈夫!臭いや汚れが気にならない

ほとんど臭いが発生しない!

「電子タバコなら家族の前でも平気だから便利」、と感じる人もいるようですが、その最たる要因は何と言っても臭いが少ないからですよね。リアル煙草の場合は燃焼している状態ですので、嫌に感じられやすい独特の臭いが生じます。しかも臭いが漂って長く残ったり、衣服やソファーなどにも付着したりします。おまけに副流煙という有害な煙であるため、家族に嫌がられてしまうのも無理はありません。その点、電子タバコは無臭に近く、不快な臭いに思われにくいという大きなメリットがあります。多少の臭いがあったとしても長く残ることもありません。有害性に関してもリアル煙草のようなリスクはないと見られ、家族がいて喫煙をしにくい人にとっての役立つアイテムですよね。

クロスなどを汚さない!

喫煙が問題視されるのは、部屋を汚してしまうというリスクもあるからです。長年の喫煙によって、例えばクロスが黄ばんでしまうこともあり、見るからに汚れた空間に変わってしまうのです。至るところに付着して汚してしまうことで、家庭内での喫煙者は嫌われがちですよね。電子タバコは、そんな煩わしさを生み出すことがない、安心のアイテムとして役立てられています。そもそもクロスなどが汚れてしまうのは、リアル煙草に含まれるタールが主な原因ですが、電子タバコにはタールが含まれていません。ただの水蒸気を発生させているだけですので、汚れてしまうリスクは限りなく低いのです。新築や賃貸などにもおすすめですし、家族に嫌がられがちな喫煙者は、電子タバコにシフトしてみるのも良いかもしれませんね。

電子タバコのデメリット